30代からはじめるアフィリエイト
    30代になり、会社の給与もあがることも見込めない状況で、何かと話題のアフィリエイトを始めてみました。私と同じように初めて始める人の道標になればいいなぁ。
  >> ホーム
  >> RSS1.0

Google

アフィリプログラム

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

お気に入りに追加

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

アクセスアップ



ClickHere
もっとアクセスUP

inforank

ネットバンク

アンケートでポイント

フリーエリア

ほっとけない 世界のまずしさ 自動更新_爬虫類のラウンジ1

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ブログの利点(2)
ブログ特有の機能として、トラックバックがありましたよね。

トラバ、TBなどもトラックバックの略称です。

他のブログに自分の記事と関連するものがあった場合、
トラックバックして、自分の記事を紹介します。

FC2の場合、まずTrackBackを押し、記事へのTrackBackのURLを表示させます。

これをコピーし、自分の記事の投稿画面にある「トラックバック送信先」の項目に
先ほど、コピーしておいたURLを貼り付けます。
あとは保存すれば、トラックバック完了です。

このとき、すぐには画面が変わらない場合がありますが、大抵は送信されています。

なので、もう1度、保存を押すと、トラックバックが2度飛んでしまう場合
があるので、注意しましょう。

トラックバックの利点は、他のブログで記事を読んでいた人が、その記事に興味をもった場合、
トラックバック先に訪問する可能性がでてくるということです。

他にも自サイトへのリンク数が増えることにより、検索のとき、上位に表示されやすくなります。

注意点として、まず当たり前のことですが、自分の記事と関係のない記事に
トラックバックしてはいけません。

いわゆるトラックバックスパムというのは、
その記事に関係ない宣伝の記事を大量にトラックバックしています。

こういう場合、相手に不快な思いをさせるのはもちろん、最悪そのサイト自体が
アクセスできないようにされます。

さらに、関係ない記事にトラックバックを張った場合、普通とは逆に検索順位が下がるようです

それから、マナーとして、コメントに一言残しておくのがいいと思います。

もちろんその一言だけではなく、記事への感想を書き、最後に報告をつけたすという形がいいでしょう。

無断でトラックバックを張られることを快く思わない方々は少なくありません。

決まりというわけではないですが、相手へのマナーですので、心がけるようにしましょう。

もし、自分のサイトに不適切だと思われるトラックバックが張られてしまったら、削除してください。

例えば、アダルトサイトや、宣伝のみを目的としたサイト、などへのトラックバックを残しておくと、
自分のサイトへの訪問者にも印象がよくありません。

うっかりアクセスしてしまい、アダルトサイトだったりしたら、自分のサイトの
イメージまでも悪くなってしまいます。

訪問者のことを考え、不適切なトラックバックを見つけたら、すぐに削除しましょう。

スポンサーサイト
ブログ説明 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/09/14(水) 21:31)

 ブログの利点
 ブログの利点 

 その1

 「トラックバック機能」というブログ同士を簡単にリンクさせることができる仕組みです。

 ブログ同士に繋がりができることで色んな人が見に来てくれるようになります。

 さらにアクセスを集めるという意味では、検索エンジンに引っかかり易い構造をしてます。

 ブログが検索エンジンに評価される理由として考えられるのは、

 更新頻度が高い

 記述の論理構造やCSS(レイアウトのこと)

 がブログサービス事業者によって適切な水準に規定されている。

 トラックバック機能によりリンク数が比較的多い。

  RSS(Rich Site Summary)というツールもブログに必須のアイテムですね。

  RSSって、何のことなんでしょうか。

  RSSとは、ある定型のフォーマットのことです。
  このフォーマットは例えば、此処の記述はタイトルとして認識しましょう、
  というようなルールを持っています。
  このルールに従い吐き出した情報を、RSSリーダーというツールを介して
  受取側は読み取ることができるというものです。

  解かり易く言うと、あるブログがRSSで吐き出されていて、
  受取側がRSSを読み込むアプリケーションを持っていると、
  そのブログが更新される度に新しく読み込んでメールのように
  受信することができるという訳です。

  お気に入りのブログがあって、更新の都度読みたいと言う場合、
  このRSSが機能するわけです。

 その2へ
ブログ説明 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/09/01(木) 23:55)

copyright © 2005 30代からはじめるアフィリエイト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。